PlayerPrefs風ローカルファイルへのセーブクラス暗号化方法【Unity】【セーブ】【Json】

概要

前回書いた記事で独自のセーブクラスを作ったけど、暗号化方法について、問い合わせがあったので記事を書いておきます。

スクリーンショット 2016-08-29 20.51.13

といっても、コメントいただいていた通りで大丈夫です。

Crypt.cs

上記Cript.csをプロジェクトに追加してください。

前回記事のSavedata.csの以下メソッドの一部に記述を追加してください。

・Save()

string dictJsonString = JsonUtility.ToJson (serialDict);

//下の一行を追加し、暗号化した文字列を書き込み
var encryptedString = Crypt.Encrypt (dictJsonString);
writer.WriteLine (encryptedString);

・Load()

var jsonString = sr.ReadToEnd ();
var decryptedString = Crypt.Decrypt (jsonString);
var sDict = JsonUtility.FromJson<Serialization<string, string>> (decryptedString);

暗号化するときはCrypt.Encrypt(暗号化したい文字列)

復号化するときはCrypt.Decrypt(復号化したい文字列)

といった感じです。

アプリに組み込まれる際は、AesIV, AesKeyを適当な文字列に変更してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA